【4ヵ月受講】ワンダーボックスは効果を感じにくい?それでも続ける理由

はなママ
わが家では6歳(小1)の長男がワンダーボックスを受講しています。

 

こちらの記事では、

ワンダーボックスってどんな効果があるの?受講する価値ある?

こんな疑問にお答えします!

 

結論を言えば、ワンダーボックスは短期的に大きな効果を得られる教材ではありません

なので、

  • テストの点数が上がった!
  • 漢字をたくさん覚えた!
  • 九九を全部覚えた!

など、目に見える学習効果をすぐに実感したい人には向いていません。

はなママ
ワンダーボックスは「将来への投資」と考えるべきです!

 

合わせて読みたい

\紹介コード:「YXEEpgAKqZUy」/

ワンダーボックスは効果を感じにくい?

ワンダーボックスは「知識」を増やす教材ではない

はなママ
ワンダーボックスは、「意欲」と「思考力」アップに特化した教材です!

 

(出典:ワンダーボックス公式HP)

 

いわゆるお勉強系の学習塾や通信教材は「知識」を増やすのが主な目的ですが、ワンダーボックスはそうではありません。

 

また、「知識」は短期的に増やすことができますが、「意欲」「思考力」は、伸ばすのに時間がかかる・効果がみえにくい能力です。

これが、ワンダーボックスの受講効果を実感しにくい一番の理由ですね。

 

はなママ
しかし、「意欲」「思考力」はのちのち武器になる大事な能力です!

私は、ワンダーボックス公式HPに記載されている「学ぶ力」の考え方に強く共感しています。

学ぶ力は、「意欲」「思考力」「知識・スキル」の「かけ算」になっています。
意欲がなければ、どんなに素晴らしい教科書や参考書を読んでも、そこに書かれている以上のことは身についていかないでしょう。
幼少期(4-10歳くらいまで)には特に、「知識・スキル」を身につけるための「勉強」よりも、学ぶ力の土台を身につけるための、目の前の課題に楽しく没頭する体験こそが大切です。
意欲や思考力が伸びることで、その後の知識習得をともなう学びが、何倍も有意義なものになっていきます

 

いくら塾や通信教材で知識を詰め込んでも、結局は意欲・やる気がなければ、効果はほとんどないのでは?と思っています。

 

▼私の「学ぶ力」のイメージ

意欲

思考力
  • どんどん伸びるものではない
  • 効果を実感しにくい
  • 維持しやすい
知識
  • 短期的に増やすのは簡単
  • 効果を実感しやすい
  • 維持するのは難しい

 

1~30点の「意欲」「思考力」でも、1000点の「知識」と掛け算することで、効率よく学力アップができるのだと思います^^

 

はなママ
ちなみに、私自身の「学ぶ力」自己採点は、意欲20点・思考力5点です・・・

「意欲」「やる気」はある方でしたが、受験などでは「思考力(空間図形のセンスとか)」で苦戦した記憶があります・・・

(「知識」は学生時代をピークに下降傾向・・・)

 

ワンダーボックスは将来への投資

はなママ
ワンダーボックスの本当の効果は、もっと後で発揮される!

ワンダーボックスの大きな効果が最初に実感できるのは、知識」が詰め込まれる受験期 だと思います。

 

ワンダーボックスの効果が受験期に発揮される理由

  • 「意欲」があれば、自ら勉強できる
  • 「思考力」は短期的に大きく伸びないので、早期に身につけたもの勝ち
  • 「知識」が増えれば、「意欲」「思考力」の掛け算をより実感できる

 

ワンダーボックスの対象年齢である4~10歳のうちは、「知識」は学校の授業をしっかり聞いて身につける、家では通信教育で更に「知識」を増やすのではなく、「意欲」「思考力」強化に注力してバランスよく能力を伸ばしてあげたい!と思っています^^

はなママ
家で「勉強しなさい!」って何度も言いたくないですしね・・・

小学生にお勉強系の通信教育は必要なし!わが家がやめた理由

 

ワンダーボックスを続ける理由。4ヵ月受講して感じた効果・良かった点

(出典:ワンダーボックス7月号レビューより)

 

ワンダーボックスは「将来への投資」!とは言っても、今効果が実感できないものを続けるのって何だか不安ですよね。

はなママ
私も、頭では理解しつつも「将来、本当に効果がでるかな?」と不安に思うこともあります^^;

 

そんな方のために、ここからは、受講4ヵ月でも感じられた、ワンダーボックスの小さな効果・受講してよかったと思うことを紹介します。

はなママ
ワンダーボックスを受講して、子供の生活が整った・キラキラしたと感じています^^

 

1日の中で頭を使っている時間が増えた!

はなママ
ワンダーボックスを始めて、一日の中で頭を使って考える時間が増えています!

 

ゲームとYouTubeが大好きな長男。

ワンダーボックスを始める前は、1日の中でボーっとYouTubeを視聴する時間が長く、もったいなく感じていました。

 

ですが、ワンダーボックスを始めてからは、YouTubeを見る時間が激減!

あんなに好きだったYoutubeを、全く見ない時期が2ヵ月くらい続きました。

 

▼その分、アプリ教材で頭をフル回転させたり

 

▼ワークにじっくり取り組んだり

はなママ
考えることを楽しんでいる様子です^^

 

図形問題強化には最高すぎる!

はなママ
ワンダーボックスは、平面図形や空間図形のセンスを磨くのに最高の教材です!

 

▼この立体には何個のブロックが使われていますか?

 

▼立体は穴をとおりますか?

 

▼図の中にカエルは何匹いますか?

 

▼合わせたら、どの形になりますか?

 

このような、図形を頭の中で動かしたり、図形の奥行を想像することで答えを導き出す問題が苦手な方も多いはずです。

 

ワンダーボックスは、図形問題の種類や量が圧倒的

更に、ワンダーボックスは、アプリ(映像)を使って図形の裏側をみて確認できるので、紙のドリルで考えるよりも立体を把握しやすいようです。

はなママ
ワンダーボックスは、図形問題に慣れる・図形センスを磨くには最高の教材です!

 

とにかく楽しく意欲的に取り組める!

学校からかえるなり、

長男
ワンダーボックスやっていい~?

が口癖の長男。

 

今までは、

長男
Youtube見ていい?

だったので、かなり成長を感じます・・・^^;

 

▼巨大な用紙で問題を解いたり、

 

▼プログラミングを学んだり

はなママ
ワンダーボックスの新鮮さが子供を惹きつけているようです^^

 

家族みんなで考えられる!

はなママ
ワンダーボックスは家族一緒に取り組むこともできます!

 

例えば、「たいせん!ボードゲーム」というコンテンツは、家族で2人対戦することができます。

 

普段からワンダーボックスをやっていてコツを知っている子供には、親が本気でやっても勝てないことも^^;

 

▼他にも、難しい問題を一緒に考えたり

 

▼プログラミング教材で一緒にパターンを作ったり^^

 

簡単なレベルから超難問まで幅広い問題が用意されているワンダーボックスは、大人も手加減なしで本気で楽しめます^^

はなママ
今では、ワンダーボックスが家族の共通の話題になっています!

 

合わせて読みたい

 

ワンダーボックスの「子供のやる気が続く」仕掛け

はなママ
ワンダーボックスは続けるのが簡単!!

いくら効果が高いと評判の通信教材や学習塾でも、子供が飽きてすぐに辞めてしまっては効果はありません。

 

しかし、ワンダーボックスでは「ちゃんと続けられるかな?」という心配は不要です。

なぜなら、ワンダーボックスには子供のモチベーションアップにつながる仕掛けがたくさんあるからです!

 

自分の成績が可視化される

長男
自分の成績や作品を見ると、やる気アップ!

ワンダーボックスでは、小さい子供でも自分のプレイ成績が簡単にわかるようになっています。

 

▼自分がクリアしたステージとランキングが表示(シンクシンクプラス)

 

▼ゲームをクリアするほど、お城がどんどん大きくなる(バベロンプラス)

 

▼自分の作った作品をコレクション(プログラミング)

 

こうやって自分の頑張った実績がみえるのは、嬉しいですね^^

 

長男
今日は、ランキングが〇位に上がったよ~!

と、長男も嬉しそうに報告してくれます^^

 

逆に、思うようにクリアできず悔し泣きしている日もありますが、悔しさをばねに毎日頑張って取り組んでいます!

はなママ
保護者の管理画面かも、子供の取り組み状況が確認できます。

 

ライバルや仲間の存在を感じられる

長男
一緒に受講してる子がいるから頑張れる!

ワンダーボックスでは、他の受講生を身近に感じることができます。

 

▼他の受講生と比べたランキングがみれたり(シンクシンクプラス)

 

▼他の受講生の作品が見えたり(シェイピー)

 

▼逆に、自分の作品をシェアしたり(ハテニャンのパズルノート)

 

▼ライバルとオンライン対戦したり!(たいせん!ボードゲーム)

 

他の通信教育教材や家庭学習教材だと、ひとりでやっている感覚になりがちですが、ワンダーボックスにはみんなで頑張っている感覚があります。

はなママ
ライバルや仲間がいると楽しくなりますよね^^

 

常に変化する教材とフレッシュさ

長男
毎月新しい問題に変わるから、ずっと面白い!

ワンダーボックスは、毎月コンテンツが変化したり追加されるので、内容が常にフレッシュです!

 

例えば、シンクシンクプラスでは、毎月全く違う4つのゲームを楽しめます^^

▼5月のゲーム(論理・平面図形の問題など)

 

▼7月のゲーム(平面図形・立体の問題多め)

 

キット教材の「トイ」は、2・3ヵ月ごとにテーマが変わります。

▼4月~6月の「シェイピー」

 

▼7月~8月の「ペーパーラボ」

 

途中から全く新しいコンテンツが追加されることもあります!

▼「たいせん!ボードゲーム」は5月からスタート!

 

▼「そっくりさがし」は6月に追加された教材です。

 

ワンダーボックスには、常に新しい驚きやワクワクがあるので、子供を飽きさせません^^

はなママ
ワンダーボックスは子供をやる気にさせる天才です!

>>ワンダーボックス公式HPで今 受講できる最新教材をチェックする

 

ワンダーボックス効果で子供の将来が楽しみ!

ワンダーボックスで毎日楽しく学んだ経験を活かして、子供には将来誰かをワクワクさせる人間になって欲しいと思います。

(ワンダーラボに入社してほしいと思うほどです^^; 笑)

はなママ
今では、私もワンダーボックスの大ファンです

\紹介コード:「YXEEpgAKqZUy」/

 

合わせて読みたい

▼紹介コードでお得に入会!

【紹介コードあり】ワンダーボックスのキャンペーンコードとお得な入会方法

続きを見る

▼ワンダーボックスの教材内容を詳しく知る

【口コミ・評判】ワンダーボックス体験ブログ!6歳の受講記録と感想(WonderBox)

続きを見る

▼解約ルールを確認

ワンダーボックスの解約・退会方法を解説!一括払いの返金・手続き期限は?

続きを見る

 

Copyright© ワンダーボックス体験ブログ , 2020 All Rights Reserved.